メスを使わない


    切らない脂肪吸引の施術を行う場合、気になる部位に吸引管を挿入します。その後、吸引を行います。体にメスを入れる事がないので安心して施術が受けられるというメリットがあります。

負担を減らす


    脂肪を除去する方法は幾つかありますが、最近では患者の体に負担がかからない方法が研究されており、切らない脂肪吸引が主流になっています。術後には目に見えた効果が期待出来ます。

組織の変化


    切らない脂肪吸引をした場合でも、術後にはアフターケアが欠かせません。吸引管を挿入して吸引する方法なら、細胞が減るので体の組織にも変化が表れるのです。徐々に慣らしていく事が大切です。

ダイエットフルーツ

食事制限や運動を行うダイエット方法は辛いものです。ストレスが溜まりますし、体質によっては頑張っても痩せない場合もあるのです。また、長期戦になる事が多いです。
手っ取り早くスリムな体型を手に入れる為には、脂肪吸引手術をするのが1番です。最近ではメスを使わない手術が一般的です。つまり、「切らない脂肪吸引」という訳です。
人間の体内には脂肪細胞があり、これは元ある数から減ったり増えたりする事はありません。細胞が多ければ太りやすく、少なければ痩せやすいという事になります。
ダイエットして痩せたとしても、元から脂肪細胞を多く持っているとしたらリバウンドしてしまう可能性が高いのです。
それを避ける為には、カニューレという吸引管を使った手術が最適です。脂肪細胞を柔らかくしてから脂肪と一緒に吸引する内容となっています。
脂肪細胞の数が少なくなれば太りにくい体質へ改善させます。その結果、リバウンドも避ける事が出来るのです。
脂肪が気になる部分にカニューレを挿入する際には、細い管が通るくらいの小さな穴を開けます。切開して脂肪を除去する訳ではないので痛みは少ないです。
脂肪吸引手術が終わった後は切開した穴を縫合します。それから約1週間後に抜糸を行います。脂肪と共に細胞も失った状態なので、術後は吸引した部位が腫れたりむくんだりする事もあります。
正しいアフターケアを行う事で早い回復が見込めます。医師の指導をしっかりと聞き、適切な行動を取ると良いでしょう。

注目の記事